還元率の良いクレジットカードランキング!作って後悔しないのはコレだ!

クレジットカード 還元率

インターネットショッピングやライブチケットの購入、公共料金の決済など、何かと支払いをする際に便利なクレジットカード。

いざというときのために、1枚は持っておきたいですよね。

しかし、クレジットカードといってもカードを発行している企業は様々。

各企業によって一体何が違うのか、どういったことを基準に選べばいいのか…。

特に、これからはじめてクレジットカードを作ろうと考えている方の中には、このような疑問を持っている方が多数いらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、クレジットカード選びに外せない『還元率』に焦点を当てて、おすすめのクレジットカードランキングをご紹介していきたいと思います。

知っておくべき!還元率とは

還元率 利用額に対していくら(何円)還元されるかを示した数値
付与率 利用額に対していくらのポイントが付与されるかを示した数値

クレジットカードの還元率と聞くと、コンビニのポイントカードのように

『100円利用で1ポイント』

というイメージを持つ方が大勢いらっしゃいますが、実はこれ、還元率ではなく、付与率というものなんですね。

では還元率とはどんなものかと言いますと…、ズバリ!利用金額に応じ、いくら(何円)返ってくるのかを比率で示した数値になります。

付与率でクレジットカードを選ぶとえらい目に

前述の説明だとわかりづらいと思うので、具体例を挙げてさらにわかりやすくお話していきたいと思います。

A社のクレジットカード 100円利用で1ポイントが付与される

1ポイント1円で利用できる

B社のクレジットカード 200円利用で1ポイントが付与される

1ポイント1円で利用できる

C社のクレジットカード 200円利用で1ポイントが付与される

1ポイント5円で利用できる

さて、上記3つのクレジットカードのうち、還元率が一番高い=3つの中で一番お得なクレジットカードはどれか、みなさんは分かりましたか。

仮に各社のクレジットカードで、10,000円分の買い物をしたとします。

するとこの場合、

A社

付与率:1ポイント÷100円=0.01(1%)

還元率:100円÷10,000円=0.01(1%)

付与されるポイントは100ポイント

利用できる金額に換算すると100円分

B社

付与率:1ポイント÷200円=0.005(0.5%)

還元率:50円÷10,000円=0.005(0.5%)

付与されるポイントは50ポイント

利用できる金額に換算すると50円分

C社

付与率:1ポイント÷200円=0.005(0.5%)

還元率:250円÷10,000円=0.025(2.5%)

付与されるポイントは50ポイント

利用できる金額に換算すると250円分

このような結果になります。

つまり、一番利用できる金額が高いC社のクレジットカードが、最も還元率の高いクレジットカードというわけです。

つまり、「少ない金額でポイントがつくからお得♪」と勘違いしてクレジットカードを選んでしまうと、還元率によってはかなり損をしてしまう結果になってしまいます。

還元率の目安はどれぐらい?

さて、還元率は高ければ高い方がお得であることをお伝えしました。

とはいえ、これからクレジットカードを作ろうと考えている方の中には、「一体どれぐらいの還元率が高いと言えるの?」といった疑問を抱えている方も多いことでしょう。

一般的にクレジットカードの還元率は、0.5%と言われています。

中には還元率が1%を上回るクレジットカードもありますが、年会費がかかったり、特定の提携店で利用したりしなければいけないという条件付きのものもあるので、還元率を見る際は、他のポイントにも注意しましょう。

還元率でカードを選ぶ際の注意点

年会費が高くないか(初めての方は年会費無料のものがおすすめ)

どのお店で購入しても同じ還元率かどうか

還元されるポイントや金券の有効期限

交換したい商品があるか

リボ払い専用になっていないか(初めての方には不向き)

はじめての方にもおすすめ!還元率が高いクレジットカードランキング

それでは冒頭でもお伝えした通り、今回は還元率の高さに注目しつつ、初心者の方にも使いやすいおすすめのクレジットカードをランキング形式でご紹介していきたいと思います。

初めての人におすすめ出来るクレジットカードはこちらもご覧くださいね!

マルクレ|クレジットカードの困ったを解決!

上記はクレジットカードの大型サイトです。

【第1位】オリコカード THE POINT

ポイント還元率 1.0%~3.0%
ポイント有効期限 1年間
年会費 永年無料
入会資格 18歳以上(学生可)
ブランド VISA・MasterCard・JCB
利用限度額(初年度) 10~300万円

こちらもカード名からわかる通り、ポイントの還元に力を入れているクレジットカードです。

オリコカード THE  POINTの最大の魅力は、ネットショッピングをする際、ポイントアップサイトのオリコモールを利用すると還元率が0.5%アップするということ!

つまり、1位の楽天カードのように、一部のネットショッピングだけでなく、AmazonやYahoo!ショッピングでも、高還元率でお買い物ができちゃうというわけです。

ETCの年会費もないので、とにかくポイントを貯めてお得に買い物がしたい!という方におすすめです。

オリコカード THE POINTのおすすめ利用方法

オリコカード THE POINTは初回入会後、還元率が2%になるのがキモ。

ですから、利用するなら入会後すぐにカードを使ってポイントを還元しておくのがおすすめです。

還元されたポイントは、Amazonのギフト券やTポイント、Pontaポイント、さらにはANAやJALなどのマイルなど、幅広い範囲でお使いいただくことができます。

【第2位】楽天カード

ポイント還元率 1.0%~3.0%
ポイント有効期限 1年間
年会費 永年無料(ETCは540円)
入会資格 18歳以上(学生可)
ブランド VISA・MasterCard・JCB
利用限度額(初年度) 10~100万円

TVCMでもおなじみの楽天カードは、多くのユーザーが愛用しているクレジットカードの代表格です。

このカードは名前の通り、楽天市場や楽天トラベルなど、楽天のサービスを利用する方に嬉しい特典が盛り沢山!

還元率だけではなく、楽天市場での買い物で常時ポイントが4倍もらえる付与率の高さも魅力のひとつです。

また、クレジットカードの利用をお知らせしてくれるカード利用お知らせメールや、不正利用された場合の補償制度付きで、はじめての方でもセキュリティ面で安心してお使いいただくことができます。

楽天カードのおすすめ利用方法

楽天カードの利用で還元されたポイントは、楽天のサービスの支払いに使うことができます。

しかし、中には期限付きのポイントもあるため、頻繁に楽天のサービスを利用しないのであれば、ギフトカードやグルメカードと早めに交換すると、無駄なくポイントを使うことができますよ♪

【第3位】Yahoo!Japanカード

ポイント還元率 1.0%~3.0%
ポイント有効期限 1年間
年会費 永年無料
入会資格 18歳以上(学生可)

Yahoo!Japanの有効IDをお持ちの方

ブランド VISA・MasterCard・JCB
利用限度額(初年度) 10~100万円

Yahoo!JapanカードはYahoo!ショッピングを利用する方だけではなく、今までTカードを頻繁に利用していた方にもおすすめ♪

というのも、Yahoo!Japanカードはクレジット機能を使わずとも、普段からTカードとしてお使いいただけるからです!

1位の楽天カード、2位のオリコカードのように、特別な付帯サービスはありませんが、作りやすさも特徴のひとつなので、試しにこちらのクレジットカードから始めてみるのもアリかもしれませんね。

Yahoo!Japanカードおすすめ利用方法

Yahoo!Japanカードは通常の還元率が1%ですが、Tポイント加盟店でクレジットカードとしてお使いいただくことにより、還元率が2%にアップするのが特徴。

代表的なTポイント加盟店であるTSUTAYAやファミリーマートをはじめ、提携している飲食店やドラッグストア、家電量販店などではドンドン使っていきたいですね!

還元率の高いクレジットカードを5つご紹介致しましたが、普段利用するサービスによっては、今回ご紹介したクレジットカードよりも、さらにあなたに適したものがあるかもしれません。

自分が普段どんな場所で支払いをする機会が多いのか、還元率とともに、クレジットカードを選ぶ際の判断基準のひとつにしてみるといいでしょう。

【第4位】リクルートカード

ポイント還元率 1.2%~2.2%
ポイント有効期限 1年間
年会費 永年無料
入会資格 18歳以上(学生可)

本人または配偶者に安定した継続収入がある方

ブランド VISA・MasterCard・JCB・銀聯
利用限度額(初年度) 10~100万円

上位3つのクレジットカードに比べ、常時還元率が1.2%とかなりお得感があるリクルートカード。

還元率の高さもそうですが、それに加えて嬉しいのが、「nanaco」や「楽天Edy」といった電子マネーへのチャージでもポイントが溜まるということ!

溜まったポイントはリクルートが運営する「じゃらん」や「ホットペッパー」はもちろん、提携店でもお使いいただけます。

旅行や外食、美容院などによく行かれる方にとっては、まさに持っていて損がないクレジットカードと言えますね♪

リクルートカードおすすめ利用方法

以前までは、あまりリクルートのサービスを利用しない方にとって、「リクルートカードは使いにくい」というのがネックでした。

しかし、現在はPontaポイントと交換することもできますので、Pontaポイントが使える提携店(ローソン・ゲオ・ケンタッキーなど)を利用するのもひとつの手ですよ。

【第5位】イオンカードセレクト

ポイント還元率 0.5%~1.0%
ポイント有効期限 1年間のポイント加算期間を含む最大2年間
年会費 永年無料
入会資格 18歳以上(学生可※条件アリ)
ブランド VISA・MasterCard・JCB
利用限度額(初年度) 10~100万円

大型スーパーのイオンから登場したイオンカードセレクトは、イオングループの店舗で買い物をする機会が多い方に持ってこい!

常時ポイント還元率が0.5%とさほど高くないものの、WAONチャージ時にポイントの2重取り、つまり還元率を1%にすることができます。

また、クレジットカード・電子マネー・イオンお客様優待カードの機能を1枚でこなしてくれるので、お財布にカードをごちゃごちゃ入れたくない方にも◎

イオンカードセレクトおすすめ利用方法

実はイオングループのお店でイオンカードセレクトを利用すると、還元率が2倍になるんです!ですから前述の通り、WAONにチャージした電子マネーをイオングループのお店で使うと…何と、還元率が1.5%になるわけですね♪

賢く使えば主婦のみなさんにとって無敵のカードになるかも!?

まとめ

利用金額に応じてポイントが還元されるのは、クレジットカードならではの魅力。

どうせなら、高還元率のクレジットカードで、お得な買い物をしたいですよね。

しかし、還元率について基本的な知識がないままクレジットカードを選んでしまうと、あとから「うわぁ~、実は大損していた…」という結果になりかねません。

各クレジットカードのポイント付与率・還元率に加え、どんな使い道があるのかを理解した上で、ご自身にピッタリのクレジットカードを見つけてくださいね!